1. HOME
  2. イベント
  3. AvSAR
  4. AvSAR_Advance(赤井川)

AvSAR_Advance(赤井川)

 雪崩事故防止研究会が、雪氷災害調査チームとともに社会貢献活動の一環として、 まだ日本では広く普及していない世界最先端の雪崩捜索&救助の知識、技術を取得するための講習会です。
 スキーヤー&スノーボーダーから山岳ガイド、スキー&スノーボードガイド、スキーパトロール、 公的機関の救助隊隊員などの方々にお勧めの講習会。

雪崩サーチ&レスキュー講習会 advance 2020/21 in AKAIGAWA

【日 時】 2020年12月10日(木)~11日(金) 〈現地集合〉8:00〈開始〉8:30〈現地解散〉翌17:00予定

【会 場】 赤井川村 山村活性化支援センター (余市郡赤井川村常盤 443-1)

【主 催】 雪崩事故防止研究会

【共 催】 公益社団法人日本雪氷学会 北海道支部 雪氷災害調査チーム

【主任講師】榊原健一北海道医療大学リハビリテーション科学部准教授、雪崩事故防止研究会、公益社団法人日本雪氷学会 雪崩分科会幹事、同会北海道支部雪氷災害調査チーム、NPO 法人北海道雪崩研究会理事、Avalanche Canada、カナダ雪崩協会各会員、MountainSafety.info 雪崩救助インストラクター。共著に「山岳雪崩大全」「雪崩教本」。

【講 師】 雪崩サーチ&レスキュー講習会 インストラクター

【受講費】 30,000円

【宿泊費】 5,000円(1泊2食付)就寝用具(寝袋・マット等)は各自ご用意ください

【定 員】 18名(定員になり次第締切)

【受講費】 10,000円

【申込締切】2020年11月27日(金)

【申 込】 【申し込み・登録はこちらから(準備中)】

ご入金後1週間前までは 50%、1週間前から当日までは 100%のキャンセル料をいただきます。

【持ち物】

      □雪崩トランシーバー(デジタル3本アンテナ、マーク機能付)□シャベル(金属製、柄伸縮型)□プローブ□筆記用具□雪中移動用具(スノーシューなど)□ヘッドライト□屋外で長時間過ごせる服装(防寒服、防寒帽、手袋、スパッツ、サングラスなど)□行動食(全日分・昼食)・飲み物・嗜好品□就寝用具(宿泊者、寝袋・マットなど)□「雪崩教本」山と渓谷社(1,000 円+税)□カメラ、ビデオ等(講習会は撮影可能です。ただし画像、映像は個人使用に限ります。)

【講習内容】

【講義】     ・雪崩救助における時間設計(窒息,外傷,低体温症)・捜索を複雑化させる要因・精度,速度,解像度・メンタルマップ・近接した複数埋没・代替サーチ・基本マイクロサーチストリップス・マイクロボックス・シャベリング上級・プロービング上級・救助戦略の考え方

【実技】     ・グループチェック・エアポートアプローチ・スノーコンベアベルトシャベリング上級・複数埋没におけるメンタルマップと代替サーチ(マイクロサーチストリップス, マイクロボックス)・コースプロービング(3種類)・シナリオトレーニング(埋没状況による戦略立案上級)

※昼食時間は特にもうけません。講義実技の合間に各自行動食をとることになります。 講義・実技については一部変更になる場合がございます。また、スケジュールの詳細は当日お知らせいたします。

AvSARについて

AvSAR講師紹介

| AvSAR