1. HOME
  2. イベント
  3. 講演会
  4. 第30回講演会「雪崩から身を守るために」 in 札幌《事前登録制》

第30回講演会「雪崩から身を守るために」 in 札幌《事前登録制》

参加登録受付中

【申 込】 入場事前申込制《無料》

  • 申し込みサイトでは「チケットを申し込む」と表示されます。
  • 申し込みを行い、登録が受け付けられると「登録QRコード」を発行します。
  • 会場へ入場する際に「登録QRコード」をご提示下さい。
  • QRコードは,PeatixのWeb画面またはスマホのPeatixアプリで表示されます。
  • ご来場の際は「検温」「マスク着用」など新型コロナウイルス感染拡大予防対策へのご協力をお願いいたします。
  • また、新型コロナウイルス感染状況によっては、開催が変更になる場合があります。

【プログラム】司会:中川伸也(雪氷災害調査チーム、日本山岳ガイド協会、natures.)

10:00~    開会挨拶 

 

10:05~11:05 「雪崩のリスクマネジメント〜行動と装備〜」(参考図書)
大西人史(雪崩事故防止研究会、雪氷災害調査チーム、北海道立総合研究機構

11:05~12:05 「雪崩に遭わないために、そして雪崩から仲間を救うために〜山岳ガイドの行動学〜」(参考図書)
塚原聡(雪氷災害調査チーム日本山岳ガイド協会北海道バックカントリーガイズ

 

12:20~13:10 [北海道防災航空隊による雪崩事故現場におけるエアーレスキュー実演]
 北條二郎(北海道防災航空隊)
〈会場:北海道大学陸上競技場〉

※悪天候あるいはヘリが出動した場合は訓練実演を中止し、講演に変更します。

※ヘリのダウンウォッシュ体験希望者はゴーグルの着用をおすすめします。

 

14:00~15:00 「雪崩事故の医学〜低体温症と凍傷〜」(参考図書)
及川欧(雪崩事故防止研究会、雪氷災害調査チーム、旭川医科大学

15:05~16:05 「雪と雪崩の科学」(参考図書)
尾関俊浩(雪崩事故防止研究会、雪氷災害調査チーム、北海道教育大学

 

16:25~16:55 「雪崩事故調査報告」
富良野岳北尾根雪崩事故 2022年03月 (スキーヤー1 名負傷)
大西人史(雪崩事故防止研究会、雪氷災害調査チーム)

17:00~18:00 「森のなかの雪は良い」
新谷暁生(ニセコ雪崩調査所所長、登山家、シーカヤックガイド)

18:00~18:10 閉会挨拶 
加賀谷祐太(北海道大学体育会山スキー部第 110 シーズン主任)
<ビデオメッセージ>三浦雄一郎((株)ミウラ・ドルフィンズ、北海道大学山とスキーの会)

 
  • ※雪氷災害調査チーム:公益社団法人日本雪氷学会 北海道支部 雪氷災害調査チーム
  • ※都合により講演時間、講演者等変更になる場合がございます。

【参考図書】  講演は参考図書に準じた内容となります。事前に一読することを推奨いたします。

参考図書「雪崩教本」(山と渓谷社)今秋増補改訂版刊行予定

講演会の趣旨と日程

| 講演会