講演会

雪崩から身を守るために

2020年の雪崩から身を守るために

雪崩事故防止研究会のメンバーによる講演会.
医療・雪氷・気象・雪崩レスキュー技術や装備に関する専門知識を学べます

2020年の講演会「雪崩から身を守るために」

 雪崩事故防止研究会は北海道大学山スキー部、山岳部、ワンダーフォーゲル部のOBによって1991年に設立されました。北海道大学低温科学研究所の研究者、雪山を楽しむスキーヤー、登山家、医師らが仲間に加わり、雪崩の科学、雪崩の気象、雪崩の医学、捜索救助法などの啓発・教育活動を北海道で続けています。2019年から活動を本州へ拡げ、初冬には宇都宮市、東京で講演会を開催しました。

 私たちが活動を本州へ拡げようとしている理由は、高校生ら8名が亡くなった那須雪崩事故(2017年3月27日)が起きたからです。この事故調査に会員たちが関わりました。雪崩教育を受け、雪崩を回避する知識があれば、那須雪崩事故は防げたはずです。雪崩の捜索救助法と医学知識があれば、もっと助かる命があったかもしれません。私たちは改めて、雪崩事故防止には教育が不可欠だとの思いを新たにしました。これまで札幌、宇都宮、東京の講演会場には、雪崩に関心を持つ多くの人々が集りました。

 雪崩事故防止研究会は、これらの活動を今後も継続致します。
 講演会、講習会の講師を務めるのは全員、雪崩事故防止研究会ならびに(公社)日本雪氷学会北海道支部「雪氷災害調査チーム」のメンバーです。(公社)日本雪氷学会の社会貢献事業でもあるのです。

【新型コロナウイルス感染症への対応】

現段階では、10月〜11月における新型コロナウイルス感染症の影響の予測は困難です。
講演会を開催する場合は、さまざまな万全の感染対策を講じて実施する予定ですします。
状況によっては、従来とは違う形でのオンライン講演会の開催となる可能性もあります。

2020年の講演会のプログラム

雪崩事故防止研究会

622663_449234121781779_300010334_o

代表:阿部 幹雄
雪崩事故を防ぐための科学的知識と最先端の実践的対策を啓発するボランティア団体です。

Facebook