札幌講演会フライヤー(表裏)PDFダウンロード
JPG版ダウンロード

【申 込】 入場事前申込制《無料》 【申し込み・登録はこちらから】

  • 申し込みサイトでは「チケットを申し込む」と表示されます。
  • 申し込みを行い、登録が受け付けられると「登録QRコード」を発行します。
  • 会場へ入場する際に「登録QRコード」をご提示下さい。
  • ご来場の際は新型コロナウイルス感染予防対策へのご協力をお願いいたします。
  • 9月13日現在、参加可能人数として施設の定員の1/2を設定しております。
  • 申し込み・登録が参加可能人数に達した場合、キャンセル待ちになります。
  • また、新型コロナウイルス感染状況によっては、オンラインでの開催になる場合がございます。
  • オンラインでの開催(または併用)が決まった場合は通知いたします。

【プログラム】

10:00~     開会挨拶 山野井克己(公益社団法人日本雪氷学会 北海道支部

10:05~10:55 「雪と雪崩の科学」(参考図書①、②)
尾関俊浩(雪崩事故防止研究会、雪氷災害調査チーム、北海道教育大学

11:00~11:15 「積雪安定性評価」(参考図書①、②)
榊原健一(雪崩事故防止研究会、雪氷災害調査チーム、MontainSafty.info、北海道医療大学)

11:20~12:10 「北海道のエアーレスキューについて」
北條二郎(北海道防災航空隊隊長)

 

12:30~13:10 [雪崩事故現場におけるエアーレスキュー実演] 北海道防災航空隊
〈会場:北海道大学陸上競技場〉
※悪天候&出動事案がある場合は中止となります。

 

14:00~14:50 「雪崩のリスクマネジメント〜行動と装備~」(参考図書①、②)
大西人史(雪崩事故防止研究会、雪氷災害調査チーム、北海道総合研究機構

14:55~15:30 「雪崩捜索救助(AvSAR)」(参考図書①、②)
榊原健一

15:50~16:40 「雪崩事故の医学」(参考図書②)
及川欧(雪崩事故防止研究会、雪氷災害調査チーム、旭川医科大学

16:45~17:45 「2019/2020公益社団法人日本雪氷学会北海道支部 雪氷災害調査チームによる雪崩事故調査報告」
尾関俊浩、大西人史
・トマム山(フランス人1名死亡)・敏音知岳(イギリス人1名死亡)・羊蹄山(1名死亡)の雪崩事故
・ニトヌプリ(1名負傷)・武佐岳(2名負傷)の雪崩事故
・白馬栂池、スラロームプロービングによる世界初の生存救出事例(埋没3時間)

17:50~     閉会挨拶
田鍋颯一(北海道大学体育会山スキー部)
三浦雄一郎(北海道大学山とスキーの会、(株)ミウラ・ドルフィンズ)

  • ※雪氷災害調査チーム:公益社団法人日本雪氷学会 北海道支部 雪氷災害調査チーム
  • ※都合により講演時間、講演者等変更になる場合がございます。

【参考図書】  講演は参考図書に準じた内容となります。事前に一読することを推奨いたします。

参考図書①「雪崩教本」(山と渓谷社)

参考図書②「山岳雪崩大全」(山と渓谷社)

講演会の趣旨と日程